債券投資よりやっぱり株式投資??

債券投資よりやっぱり株式投資??

債権投資も投資方法としては、安全に収益を得ることができます。ですが、株式を利用した投資方法も良いみたいなので、何が違うのか比較して確認してみました。

債権投資は株式投資は、何が異なるのか比較してみると、2つに分けることができます。債券投資は貸したお金で、株式投資は収益を買うお金のことです。

株式は会社・企業に対して出資するものです。将来の会社がうまくいったときの収益のために必要な資金を株式会社に提供し、投資の成果を企業が利益を出して報酬を延ばせば、株主配当を受け取ることができます。また、株式投資の場合、会社の価値が上がれば、それに応じて株価も上がるので、元の資金の価値が上がりキャピタルゲインを得ることもできます。債券投資と比較してみると、株式投資の場合は会社の将来を予想して、利益を受け取る投資です。

次に、債券はというと、貸したお金に対する借用証書を利用して収益を貰います。例えば、日本の国債を買うことで、日本政府に対してお金を貸したことを意味するものになります。そこで貸し付けたことを証明するために借用証書と呼ばれるものが発行されます。貸したお金は必ず戻ってくるもので、それに対して利子がつきます。株式投資と比較してみると、債権の場合は、購入する時点で返金するまでの期間やどのくらいの利子にするのかを決めますので、収益が確定している投資方法になります。