債券投資の魅力

債券投資の魅力

債権投資には魅力が大きく分けて3つあるので、それぞれ項目にわけて書いておきます。

1つめの魅力は、「定期的に利子を頂くことができる」 債権投資は、貸したお金は満期日までに、毎年一定の利子を受け取る事が約束されています。例えば、固定金利の場合だと、金利変動に関係なく利子を収益として支払ってもらえるので、毎年収入が得られるのは魅力です。また、利子収入の他にも償還差益や売却益などの方法でも利益を受け取ることができます。

2つめの魅力は、「お金の満期が決まっている」 債券投資は、たとえ満期日までに債券の価格が変動しても、満期日を来ると必ず貸した金額が返金(償還)されることがや約束されているので、とても安全な投資として魅力です。ただし、債権投資を行う上で気をつけることがあり、発行した債券元の会社が倒産した場合は、元本の返済および利息の支払いができなくなるので、注意してください。このように返金されない状態にならないようにするためには、発行者の信用度をしっかり確認しなければいけません。どのようにして、信用度を確認したらいいのかというと、債券の格付けを見ることです。一般的に、債券の利息が低いものは投資の安全性が高く、逆に債権の利息が高いものは投資の信用度が低くなります。

3つめの魅力は、「途中で売却が可能」 債券投資も、他の投資でも可能な途中売却をすることができます。これは、満期を待たずしても途中で債権を売ることも可能なので、一旦お金として使いたいときに現金にすることもできるのは魅力です。途中売却するときに気をつけておかなければいけないことがあって、その時の債権の価格が額面通りになるとは限らないので確認しておくことが大事です。なぜ大事かと言うと、債券の価格が下がっていた場合、売却損というものが発生する場合があるので、あらかじめ債権の価格を把握したうえで売却することです。