債券投資のリスク

債券投資のリスク

債権の投資は比較的安全なんですが、投資である以上リスクもありますのでここは抑えておきたいところです。

この投資で、債券の元本や利息の支払いが行われていなかったり、支払いが不可能な状態になっていたりして、返金することが難しくなることもあります。このような状態の事を「信用リスク」または「デフォルトリスク(債務不履行)」と呼びます。

債券を現金化するときに価格変動することによってリスクもあるので注意してください。これは、債券を現金にする際に、債券の価格が変動して下落していた場合は、損失が発生することによってリスクになります。

利息が固定の債権の場合は、返金される金額や利率が決まっているので、あらかじめ投資の収益を計算することができます。ですが、満期日まで待たずに途中で売却することによって、現状の債権の価格で計算されるので、売却益になって収益を頂くこともできますが、売却損になって損失になる事もあるので気をつけなければいけません。

海外の社債や国債で投資を行なった場合は、為替が変動するものなので、リスクにもなります。もし、利払いや償還するさいに外貨を使っていて、為替相場が円安になった場合は、円での受け取り金額が増えて為替差益を得ることもできます。しかし、逆に円高になった場合は、円での受け取り金額は減って為替差損となり、損失を払わなければいけません。