債券投資ってなに?

債券投資ってなに?

債券投資について、話す前に「債権」についてざっくり説明しておきます。
債権は、資金を阿智目るために国や会社な祖からお金を借りた証拠として、利子の支払い綾元本返済を始めに約束して発行する証書の事です。

債権投資とは、投資家が国や会社に対して返還する期日や利率などを決めてお金を貸すときの証拠として、借りた人に毎年利息や元本を支払ってもらうことで収益を得る投資になります。

利息には、固定金利のタイプが一般的ですが、これとは別に金利が変動するタイプがあります。この投資は、他の投資でも出来る「途中売却」という方法も可能です。

債権の売買取引を行なう方法は二通りあって、証券取引所で行われる「取引所取引」と、取引所を介さない証券会社と投資家の2人で行う「店頭取引」というものがあります。ほとんどの債権売買は店頭取引で行われ、取引する証券会社によって取引価格が異なる場合があるので気をつけてください。

債権で投資をするときどういう証書があるかというと、国内だけでなく海外の公的機関や会社まで、あらゆる種類のものが発行されています。発行される債権は、安全性は高いが利率が比較的低いものや、信用度が良くないが利率がものすごく高いものがあります。また、満期までの期間が短いものから数十年と長いものまで、さまざまあります。